パワーミックス工法1

1 2

根上がり対策・歩道幅員の確保に

パワーミックス(根系誘導耐圧基盤)

  • 国土交通省近畿地方整備局で「NETIS登録」(平成19年8月)
  • 東京都建設局で「新技術登録」(平成18年12月)
  • 東京都港湾局で「新材料・新工法」として選定(平成19年5月)
  • 兵庫県で「新技術・新工法活用システム」に登録
    (平成19年10月)
  • 宮崎県の「新技術・新工法活用評価」取得(平成20年12月)

パワーミックス工法とは

パワーミックス工法は粒度を調整した粗骨材で転圧に耐える骨組みを作るので、舗装の下でも根が伸びる隙間を充分に確保することができます。樹木を植付ける際に、パワーミックス工法を採用しておくことで、 新植・更新植栽での“根上がり現象予防”、既存樹木での根上がり現象への対処 が可能になります。

【パワーミックス工法】根は、路床に設置された良好な根系伸長域に伸入し、多方向に多数の根が伸長して、樹木は健全に生育します。 【ルーツストップ】表層部分の根系侵入を抑える防根忌避シート「ルーツストップ」。【従来工法】縁石を押し上げる根(路床が硬く転圧されているため、根は行き場を失い舗装材下の砂層に入り、舗装を持ち上げたり、縁石を押し出したりしてしまいます。)

  • → 「ルーツストップ」について詳しくはこちら
  • → 「パワーミックス工法」による既存樹木の根上がり対策

解決ポイント!

  • 1. 根の伸びる場所を作る
  • 2. 歩道幅員と樹木の育成の両立
  • 3. 生育助材を提供する

●官公庁との共同研究

平成18年度より福井県雪対策・建設技術研究所と(株)竹長と共同で、街路樹の根上がり再発防止対策研究を実施しました。

【報告書】

『福井市内における街路樹の根上がり再発防止工事の概要』

福井県雪対策・建設技術研究所のホームページはこちら

1. 根の伸びる場所を作る

〜土壌の固結による樹勢悪化や根上がりを回避します〜

図:パワーミックス工法の概念図

「パワーミックス工法」は、上部からの転圧に耐える骨組みで、根の広がる空間を確保するという考えから生まれました。
粒度を調整した粗骨材と生育助材(有機物と無機物の混合)をミックスした根系誘導耐圧基盤「パワーミックス」を使った工法です。

写真:パワーミックス工法の施工の様子

パワーミックスの施工の様子
(一般名称)根系誘導耐圧基盤

※平板載荷換算 設計CBR 3.0%以上
※車道には使用できません。

2. 有効幅員と樹木の生育の両立

街路樹を取り巻く環境

近年、以下のような理由で街路樹のために充分な植樹桝を確保するのがさらに難しくなっています。

【無電柱化の推進】・・・大型地中埋設物が歩道下に敷設される

また、歩行者に対するバリアフリーの視点から「街路樹の根上がり」による歩行路の不陸を防ぐことも重要です。

有効幅員と街路樹の生育の両立

写真:街路樹のイメージ

歩行に使える舗装部分を確保しながら、街路樹を健全に生育させるためには、舗装の下に根が充分に広がることのできる空間を確保する必要があります。
パワーミックス工法を採用することで、樹木の根元近くまで有効幅員を確保でき、またすっきりとした景観も実現できます。
地下支柱の併用をおすすめします。)

現在、全国的な無電柱化の推進施策から大型地中埋設物が歩道下に敷設され、根の伸長範囲が制限を受けるようになっています。また交通バリアフリー法により歩道の有効幅員を2m以上確保することになったことで、植栽桝はますます狭小なものになっており、土木と緑化の狭間に狭い空間でも街路樹が健全に生育できるための技術開発が求められています。

このような「樹木の根上がり防止対策」について、資料や技術サポートが必要でしたら、
以下のページよりお問い合わせ下さい。

http://www.soil-doctor.jp/inquiry/

3. 生育助材を提供する

最大粒径50mmで20mm篩いの通過率が10%未満の単粒度火山砂利骨材をかみ合わせた空隙に、無機物、有機物、肥料、展着剤その他を混合した生育助材を詰め込み、生育基盤を形成したもの。樹木の良好な生育を担保でき、根上がり防止・改修工事などに活用いただけます。

根系誘導耐圧基盤と黒土におけるクスノキ根系の生育比較 (2年経過)

写真:パワーミックスと黒土におけるクスノキ根系の生育比較

根系誘導耐圧基盤が根を誘導することが可能であるかどうかを実験した。左図は、樹高約3m のクスノキの根鉢を仕切り板で二分し、左側客土には生育助材を詰め込んだ根系誘導耐圧基盤(パワーミックス工法)を用いて転圧した。右側客土は黒土(関東火山灰表土)を用いて転圧して根系伸長域を作成した。

2年後の2005年9月に、根の展開状況を観察した。同一個体であるクスノキの根は、選択的に左の根系誘導耐圧基盤(パワーミックス工法)区に集中していた。このことから、根系誘導耐圧基盤は転圧しても空隙を確保できていたことになり、生育基盤として優秀であることが立証できた。


Jミックス 高空隙・目詰まり抑制貯留浸透基盤材 雨水貯留浸透基盤材

高空隙・目詰まり抑制貯留浸透基盤材J・ミックス

一般名称

高空隙・目詰まり抑制貯留浸透基盤材

イメージ
  • 高空隙・目詰まり抑制貯留浸透基盤材 粒径
  • 高空隙・目詰まり抑制貯留浸透基盤材 施工中
商品名 J・ミックス
主説明 単粒度のコンクリート再生砕石(他のリサイクル骨材を含む)に腐植をコーティングしたグリーンインフラ用の植栽基盤材。骨材のかみあわせ空隙に雨水を貯留・浸透することができる。腐植をコーティングすることで再生砕石のアルカリ成分が緩衝され、空隙内に植物の根の伸長が可能となる。
荷姿・重量 大型ダンプカーバラ積み
使用の目的 @骨材同士の空隙へ雨水を貯留・浸透させる。
A腐植による植物根の伸長を促進させる良好な生育環境の確保
B基盤内の水のしみ上がりによる地表面舗装材の冷却効果
製品データ
項目 
空隙率(礫間貯留率) 41%
目詰まり抑制効果 単粒度砕石4号より高い
CBR 8%以上
pH(H2O) 9.0未満
湿潤密度 1.1〜1.4
沈下試験 異常なし
水質試験(排水) SS、BOD、COD、全窒素、全リン、電気伝導度
骨材破砕率試験 単粒度砕石4号と同等
有害物質溶出試験 異常なし
放射能濃度試験 異常なし
設計上の留意点 @施工適地は3×10-4cm/s 以上の透水係数を前提としています。
A現地盤の排水性が悪い場合(透水係数が0.14m/hr以下の場合)の設置時は、排水施設を併用ください。
Bオリフィス管付き雨水貯留槽へのご使用はできません。
  • 供給エリアが限られているため、地域によって同等の製品(グリーンアクアミックス、パワーミックス)をご提案する場合があります。
性能 雨水貯留浸透製品評価認定 第28号

パワーミックス工法2

樹木の根上がり対策の手法と手順

このような問題を改善するために、「地上部の歩道や建築外構舗装の利用に耐える硬さをもつ構造」と「樹木の根系が多方向に多数伸長できる土壌環境」という、相反する条件を同時に満たす根系誘導耐圧基盤「パワーミックス工法」の開発を行いました。

火山砂利や砕石など30〜40mm前後の単粒度骨材に、乾燥腐植、無機物、有機物、肥料その他を混合した 「生育助材」を、適量の水と一緒に混合して、付着させることで基盤を生み出します。

具体的な手法としては、問題となる根域部分の土壌を掘り取り、根の切断、あるいは治療を行った後で「パワーミックス」を基盤として投入します。根の侵入を防ぐ必要がある場所には「防根忌避シート」で遮断をすることで、根の伸長を下方に誘導します。

  • → 桜の根上がり・踏圧対策でお困りの方はこちら
  • → 「防根シート ルーツストップ」について詳しくはこちら

新規植栽時の注意ポイント

  • ● 環境状況と樹林規格樹種によって必要なパワーミックスの量を計算します。
  • ● すっきりとした美しいまちなみを創造するため、地下支柱の併用をおすすめします。
  • ● 樹木の生育に適した土壌にするため、土壌改良材の併用をおすすめします。

客土部掘削 → 仮植穴設定 → パワーミックス充填 → 振動プレートで転圧 → 土壌改良剤材充填 → 樹木据付 → 地下支柱DOパイプ設置 → 施工完了

もっと詳しく

既存樹木の改修時の注意ポイント

  • ● 施工する時、樹木医の立会いをおすすめしています。
  • ● 根を切断した場合は、殺菌剤の塗布が必要です。
  • ● 施工する時は、根を乾燥させないように配慮します。
  • ● パワーミックス基盤上の路盤はクラッシャランの使用をおすすめします。
     (RCによるアルカリ化を防止するため)

舗装撤去 → 客土掘削 → 樹木根系 切除と養生 → パワーミックス充填 → 振動プレートで転圧 → 路盤の仕上げ

もっと詳しく

第一ステップ→ 土壌の掘り出し

根の周辺土壌をほぐし、スコップで掘削し、根系域を明らかにします。その時にエアースコップ(空気圧土壌ほぐし器)を用いると根系を傷つけずにすみます。

第二ステップ→ 根の切断

生育・支持に重要と思われる太根および多少の細根は残し、適切な箇所で正しく切断し、切断面に殺菌剤塗布処置を行います。また作業中は根が乾燥しないよう、十分な養生を行ってください。

第三ステップ→ 根系誘導対策

根系誘導耐圧基盤「パワーミックス」を路床部に充填し、転圧後に路盤を形成します。根の侵入を抑えるために、防根忌避材「ルーツストップ」を使用するとより効果的です。

第四ステップ→ 仕上げ

舗装材によって現況に復元、もしくは新しく施工して完了となります。

樹樹木の根上がり対策の実例

  • 根上がりの現状
  •  
  • 舗装の掘削・撤去
  • 歩道を貫く太い根は残し、開口部内で完結する太さ5cm程度までの根を切断し、切り口に腐朽防止材を塗布して処理
  •  
  • 開口部に「パワーミックス」を投入
  • 振動プレートによる転圧後、サイドの根上がりを防止する意味で、根系忌避材「ルーツストップ」を舗装断面に設置
  •  
  • 路盤を転圧し、表面仕上げをして施工完了

ルーツストップ

(一般名称)防根忌避材 ルーツストップ
材質および規格
材質規格
ポリエステル長繊維不織布 防根忌避剤 1.0m×25m×t0.4mm以上
0.5m×25m×t0.4mm以上
0.25m×25m×t0.4mm以上

特徴

不織布に防根忌避剤を添着した防根忌避資材です。

こんな現象を防ぎます
植物の保護
通気性・浸透性のあるシートで、 根を枯らす成分は入っていません。
効果の持続
水に不溶性で揮発性がなく、溶出もしません。 長期に渡って持続します。
安全性
成分が溶出しませんので、地下水や農業用水などを汚染しません。

用途

舗装下に根が入り込むのを防ぐ

舗装下に根が入り込むのを防ぐ

埋設管に根が入り込むのを防ぐ

埋設管に根が入り込むのを防ぐ

根上り対策 関連資材 パワーミックス工法について

ルーツストップ 代表事例

北海道 月寒公園

施工前

北海道 札幌市内の遊歩道改修
遊歩道の舗装の下に樹木の根が入り込み、たくさんの不陸ができていました。舗装の張り替えとともに、再び根が入り込まないようにルーツストップが施工されました。
北海道 月寒公園

施工中

北海道 月寒公園

施工後

製品カタログPDF

問い合わせ先
▲このページのトップに戻る