屋上緑化

屋上緑化

世界一大きな屋上緑化「ミレニアムパーク」シカゴ 屋上緑化は都市のわかりやすいグリーンインフラです。建築物の屋上を緑化することで、雨水流出抑制やヒートアイランドの緩和、省エネルギー効果といった都市の環境改善効果が得られます。併せて、これからは「緑化」を目的とするためだけの屋上緑化ではなく、人々が集い利活用を促進するための、「資産価値の向上」「賑わいの創出」「地域の魅力向上」といった複合的な価値を生み出すグリーンインフラ型の屋上緑化の重要性が高まると私達は考えます。

庭園型屋上緑化「ビバソイルシステム」

価値を生み出す屋上空間を創るには、樹木や芝、草花など様々な植物が植えられた庭園型の緑化が欠かせません。屋上緑化は地上への植栽と異なり、日照、風など環境条件の相違がある中、健全に生育できる環境を整え、人々の利活用を促進する高いデザイン性に対応できる緑化システムであることが重要です。20年以上採用され続ける私たちの庭園型緑化工法「ビバソイルシステム」は、高性能人工土壌や樹木地下支柱、自動潅水設備などを組み合わせ、低木の緑化から高木を取り入れた本格的な屋上ガーデンまで幅広く対応することが可能です。 ビバソイルシステムの詳細はこちら

薄層屋上緑化「スマートシステム」

景観重視、利活用重視、条例対応など、これまでは利用シーンに合わせてその都度異なる屋上緑化システムを選択する必要がありました。「スマートシステム」では、草本類を中心に19種類の植物とウッドデッキやベンチ、テーブルなどを組み合わせることで、様々な利用シーンを一つのシステムで実現することが可能です。 スマートシステムの詳細はこちら

自動灌水システム 設計サポート

屋上緑化でも利用できる自動灌水システムの設計をサポートするコンテンツもご用意しています。 詳しくはこちらから

 

湿性多孔質軽量人工土壌/雨水貯留浸透機能付き植栽基盤材ビバソイル(レインガーデンソイル)

一般名称

湿性多孔質軽量人工土壌/雨水貯留浸透機能付き植栽基盤材

イメージ
  • ビバソイル 粒径
  • ビバソイル 荷姿
商品名 ビバソイル(レインガーデンソイル)
主説明 湿性多孔質鉱物に有機養分をはじめ、植物の生育に必要な成分がプレミックスされた人工土壌。無数の孔隙が連通している構造から、植物に必要な有効水分を多量かつ長期間保持する。礫状のため取り回しが良く、固まりにくいことから、横移動しやすいのも特徴です。周囲の汚れを抑制し、養生も簡素化できます。
荷姿・重量 比重0.8
約30入/ポリエチレン袋・20kg/袋
1/フレコン袋・約800kg/袋
雨水貯留浸透製品評価認定 第16号
設計上の留意点 フケ率を1.1倍みてください。
製品データ項目単位測定値
pH(H2O) 5.0〜7.5
飽和透水係数 m/s 1.5×10-4以上
有効水分保持量(pF1.8-4.2) L/ 390±50
CEC cmol(+)/kg 6.0以上

プライムソイル

軽量有機含有人工土壌「プライムソイル」

プライムソイル / 軽量有機含人工土壌
効  果 「養分性向上」「微生物活性」
主な用途 屋上緑化土壌 外構
製品仕様 容量:20リットル  約20kg(ビニール袋)
製品特性 高い性育性
  耐飛散性の向上 
  優れた保水性と透水性を持つ軽量骨材がベースです。
  保水性・保肥性を向上させる粘土を適度に配合
詳細紹介 http://toho-leopartner.ocnk.net/product-list/25

多孔質性軽量人工土壌 ケイエスソイル

ケイエスソイル (多孔質人工軽量土壌)

ケイエスソイルの主原料と添加材である堆肥、炭はすべてリサイクル品です。電気をつくる際に発生する石炭灰(クリンカアッシュ)、飲み水をつくる際に発生する浄水場発生土、剪定枝や食品工場から発生するカット野菜等を堆肥化したバーク堆肥、再生紙を製造する過程で発生するペーパースラッジ炭を使用し、すべてライフラインから発生する副産物を使用した環境にやさしい人工土壌です。

 

1.環境に優しい土壌

火力発電所で排出されるクリンカアッシュ、浄水場で排出される発生ケーキなどを緑化資材としているリサイクル率100%の人工軽量土壌です。

2.「保肥性」と「せん断応力」の向上

従来の人工軽量土壌は永年の土壌物理変化を防ぐため軽量性、透水性、保水性、通気性を考慮してきました。
その土壌の特性をそのまま引き継ぎ、「保肥性」を向上させ、樹木をしっかり支えられるよう「せん断抵抗力」も向上させた人工軽量土壌です。

3.「土壌の生物性」の活性化

有機物が分解され植物に必要な無機質が増えます。土壌に適度な隙間ができて通気性、排水性、保水性が向上され根が健康に成長します。

4.安全な土壌

ケイエスソイルの主原料は厳しい安全基準を合格した資材を使用しています。植物の長期育成を視点とするだけでなく、それを使用する我々人間にも安心して使っていただける「子供たちが安全に触れることができる土壌」をご提案いたします。

5.優れた「地耐力」

地盤が支えることができる荷重を地耐力といいます。ケイエスソイルは植栽用土壌でありながら転圧方法により優れた地耐力を発揮します。

物性

試験項目単位測定値特記項目
pH   7.3 単位はSI単位を
基準表示
荷重時圧縮率 % 10
飽和透水係数 cm/s 1.3×10-4
有効水分保持量
pF1.53.0
L/ 326
湿潤時比重(pF1.8) Mg/ 0.93

小松菜による幼植物試験結果

 

左より 対照区対照区施肥ケイエスソイル

 

  発芽(本) 発芽率(%) SPAD値 成長指数(%)
対照区 無肥 24 100% 33.4 100
対照区 施肥 24 100% 34.4 1,238
ケイエスソイル 24 100% 32.0 2,412

※対照区は関東ローム

施肥区はNPKそれぞれ70mg/L添加|ケイエスソイルは100%使用|播種数24粒、2.2Lポット使用


小袋 

フレコン入り 1000L入

ケイエスソイルチラシA4サイズ20200924.jpgよい人工軽量土壌の条件20200924.png

問い合わせ先
▲このページのトップに戻る